2019年度日本衛生管理協会講習につきまして

一般社団法人日本衛生管理協会における主催講習は「理容師資格者」が対象でしたが、2018年度より「Basic認定講習」「Step02(訪問出張)講習」は「美容師資格者」も対象となりました。美容師の方にも、理容業界における感染症衛生管理術および知識を学んでいただきました。美容業界におきましては「差別化の武器」として興味を持っていただいた方が多い気がします。
 
関東では5月13日/21日・関西では11月11日に予定されているBasic認定講習では、感染症や洗浄および消毒における「基礎知識」を学んでいただき、法定消毒を踏まえた複合洗浄消毒システムを学んでいただきます。知識なきシステムは、無駄も多く、間違った知識、業者から植え付けられた知識では効果を高めるどころか、半減させてしまっているケースも多々見かけるからです。また、飲食店のためではない理美容師のための菌・ウイルスに関する知識を学んでいただきます。これらは過剰な対応を防ぎ、正しい対応・対策を理美容師という立場で御客様に提供するために必要と考えているかです。
 
期を重ねるごとに最新の情報も交えて行なっております。そのため、修了者の方は再受講(税抜3,000円)も受け付けております。
 
また、2019年度も理容生活衛生同業組合支部との共催Basic認定講習会も予定されておりまして、開催支部名のはいった修了証が発行授与されます。対象地区支部員の方の参加をお待ちしております。本講習は組合費で賄われる組合員無償講習ではなく、あくまでも自費で参加していただく形になります。ただ、日本衛生管理協会講習会場までの交通費などを考えるとお得な内容になっているかと思います。なお、共催講習は受講者以外の関係役員など含めた第三者の方の見学は一切お断りしておりますので、御了承ください。
 
2019年度「Step01講習」では引き続きシェービングにおける「安全・安心」を「所作」から考え、更には菌・ウイルス不活性化を目的とした「0」管理システムに加え、肌の常在菌を意識いた「零(0は無という値に対し、零は僅かながら数値が存在する値)」管理システム「Hygienic Shaving System」を学んでいただきます。本講習は「技術的なシェービング講習」ではなく肌環境を常在菌レベルで整える知識を学ぶ衛生管理術講習ですので、美容資格の方も学ぶことができます。また、東京ミッドタウン日比谷・ヒビヤセントラルマーケット内の理容ヒビヤで施術提供されている「シルク美容シェービング」の実技もあり、一般の方をモデルに行われます。修了者には修了証の他にシェービング(美容師の方はエステ)に関する感染症衛生管理を学んだ者として修了証明カードを発行いたします。
 
「Step02講習」では、理美容店舗外という環境で感染症衛生管理におきましては「グレーゾーン」になっております「訪問出張理美容」現場での感染症衛生管理の知識や方法、複合洗浄消毒システムnanoを学んでいただきます。理美容専用施設ではなく、一般的は部屋内や御客様の家庭内での施術は、技術論以上に大切なことが多々あります。また修了者には出張訪問理美容における感染症衛生管理を学んだ者としての修了証明カードを発行いたします。この取り組みは某県の行政でも高い評価を得られております。これは全て「攻め」の衛生管理であり、お客様は無論のこと理美容師さらには家族の「安全・安心」を護るためです。

2019年の新しい試みとしては、講習費のキャッシュレス化もあります。従来でしたら協会口座への講習費振込や講習会場での現金支払での対応でしたが、ネット決済や講習会場でのQR決済なども対応いたします。

 
4月16日に関東開催予定の日本衛生管理協会主催/危機管理講習などで訴えているように時代は世界〜グローバル化が進み「日本」という意識を持つことが業界にも必要だと考えております。それは「公衆衛生業」であり、その観点からは「理容」も「美容」も境は関係ない〜「組織」「資格」という内輪の価値観ではなく、もっと大きな「日本の理美容業界」という意識だと思うのです。
医療歯科業界・食品業界などとは異なり理容・美容業界は「法定消毒業種」です。
 
そこでの衛生管理は「感染症管理」であり「国家資格者としての存在意義」の根幹〜そして、世界的にみても「日本」という国の「安全・安心」の根幹でもあると考えております。
 
「お洒落な店」「綺麗な店」と「衛生的な店」は異なります。「衛生的な店」も「感染症管理された店」とは違います〜「的な」では意味がないのです。「実行しなければ」そして「ただやってるだけ」「知っているだけ」でなく、パーマやカットのように「知識」に裏付けられ実行される感染症管理でなければならないのです。故に「個々の安全意識」が意味をもち、社会・お客様から「安全・安心」という評価をいただく時代だと日本衛生管理協会は考えます。
 
近年の「American barber」ブームで理容の世界も見直されてきましたが、公衆衛生業としての「barber」は我々の祖父母、両親達が歩んできた「Japanese barber」もとい「日本の理容」のほうが世界でも最高レベルなのですから。
 
世界の皆様をお迎えするのは、日本品質の公衆衛生資格でもある理容師の世界だと自分は思います。
 

Do you want to know the JAPAN Quality Barber?
一般社団法人日本衛生管理協会代表理事/理容師 藤井実

講習費のお支払いに関しまして

2019年より日本衛生管理協会「主催講習」における講習費規約が変更されました。従来の協会指定口座への講習費お支払いは「ネット支払い」が可能になり、講習会場でのお支払いもQRコード決済「PayPay」が可能になりました。それに伴い、Step講習「申込金制度」、キャンセルの際の「事務手数料制度」なども発生するようになりました。

Basic認定講習費

・ネット新規申込
受付フォームから「お支払い方法」をお選びいただき、手順に従ってお支払いをしてください。
・再講習費/会場販売品
講習会場受付にて「現金」もしくは「PayPay(QRコード決済)でお支払いできます。

Step講習

・Basic講習会場申込
受付にて「申込金1,000円」をお支払いください。
・ネット新規申込
受付フォームから申し込んでいただき、申込メールアドレスに「申込金」を支払っていただく「支払いフォーム」のアドレスが送信されます。そちらから「申込金2,000円」をお支払いください。申込金につきましては、講習当日に受付で受講するStep講習総額より申込金を差引いた残金をお支払いください。なお、申込金は講習(01・02)毎ではなく、受講生1人あたりに対して発生いたします。
・講習費・再講習費/会場販売品
講習会場受付にて「現金」もしくは「PayPay(QRコード決済)でお支払いできます。

キャンセル料

下記の額面を差引いて、指定口座へ返金処理をいたします。
・Basic認定講習
申込後のキャンセル:1,000円
講習日30日前以降のキャンセル:3,000円
・Step講習
申込後のキャンセル:申込金より500円


ただし、キャンセルされた方が次回以降の同じ講習を受講された場合は、事務手数料500円を差引いた下記の額面を講習日当日に受付で現金返金させていただきます。


対象:理容師もしくは美容師免許を取得されている方
関東・受付準備中
2019年05月13日(月):埼玉県/理容室FUJII
2018年05月21日(火):東京都/ 恵比寿を予定
関西・受付準備中
2019年11月11日(月): エルトピア奈良(労働労働会館)
講習費税抜16,000円・申込1ヶ月以内に指定口座へ振込
一般社団法人日本衛生管理協会のメイン講習会です。理美容師対象:時間スケジュールも10時からとなり1時間遅らせました。受講された方には筆記試験のあとで修了証を発行いたします。。Basic認定講習会におきましては、年度毎に最新の情報を踏まえた内容にアップデートされます。


対象:Basic認定講習修了者の方
2019年:0 7月頃を予定:東京/恵比寿を予定(午後に変更)
2020年:02月頃を予定 :奈良県/エルトピア奈良(労働労働会館)
講習費税抜10,000円・当日受付にて支払
Step講習はBasic認定講習の修了者向けのプログラムで受講は任意です。メンズシェービングにおける解説も加えられた実技講習「次世代衛生管理とシェービング術〜Hygienic Shaving System」になります。シェービングモデルは女性/フローシェービングで行います。講習形式上、技術面ばかり受講生の意識が集中してしまいましたので、同時進行で説明したシェービングにおける衛生管理内容等、さらには施術中のリアルタイム映像をプロジェクターを使用して説明いたします。基本的な構成変更はございません。

2019年:07月頃を予定:東京/恵比寿を予定(午後に変更)
2020年:02月頃を予定:奈良県/エルトピア奈良(労働労働会館)
講習費税抜8,000円・当日受付にて支払
Step講習はBasic認定講習の修了者向けのプログラムで受講は任意です。 訪問理容おける感染症対策・次世代衛生管理として開催いたしましたが、2期も同内容で開催いたしますが、最新情報などに沿ってアップデートされる予定です。 


2019年02月19日(火):埼玉県/理容室FUJII
対象:Basic講習修了者
・締め切り
講習費税500円・当日受付にて支払 

2019年04月16日(火):埼玉県/理容室FUJII
・受付中
対象:理容師もしくは美容師免許を取得されている方
講習費税抜3,000円・当日受付にて支払 

関西・準備中

理美容師対象:Basic認定講習・次世代衛生管理「複合洗浄消毒システム」を学ぶ前の序章的な講習です。何故「衛生管理」が理容店にとって大切なことなのかを学んでいただきます。理容店における衛生管理とは「やればいい」というコトではなく「やる」コトが大切であり、そこにある「危機感」を「管理」しなければならない重要性を日本衛生管理協会講師が語ります。なお、協会主催の本講習受講者の方は、受講後にBasic認定講習を受講していただきますと「衛生ポスターset」(税抜1,000円)を無料進呈いたします。
 
この講習は、理容組合や研究団体でも要請がありましたら主催開催することができます。詳しくは支部講習受付を御覧ください。


対象:Basic認定講習修了者の方
・受付中
2019年03月12日(月):埼玉県/理容室FUJII
講習費税抜2,500円・当日受付にて支払
一般社団法人日本衛生管理協会代表理事でもある藤井実が経営する理容室Fujiinにおいて実際の店舗において開催年度のBasic認定講習(一部)および衛生管理を体験していただきます。少人数制で開催されますが、そのような環境を活かした説明なども行います。情報は重ねて蓄積するものであり、損得ではなく更新するものです。感染症管理の情報も常にアップデートされますので、最新情報を習得したい方におススメです。
理容室Fujiiサイト

対象:各補習対象講習の修了者
関東関西・受付準備中
補習費税抜3,000円・当日受付にて支払
既にBasic認定講習/Step01・02講習を受講された修了者が対象です。各講習受付終了後に定員に空きがある場合は、補習価格で再度受講するコトができます。各講習内容は常に最新情報なども盛り込まれて行われますので、その確認の機会にもなるかとおもいます。こちらは事前に予約者していただくコトも可能です。

 上記講習会の詳細、最新情報は協会ブログや協会サイトなどで随時お知らせいたします。修了者を対象にした個別衛生管理サポートなども今後予定しておりますので、日本における理容師の理容師による理容師のための次世代衛生管理を考える一般社団法人日本衛生管理協会を今年度も宜しく御願いいたします。